看板

デザインの提出

下原稿をそのまま渡して制作しよう。

看板制作の工芸社などは、コンピュータ化がすすんでいます。以前のような、職人工芸の世界には優秀な作品がありました。しかし職人の手技は、時間がかかることがあり、手間にさく時間が受注の妨げになる事もあります。看板制作を受注すると、納期は早くしてもらえるでしょう。大抵の場合は、1週間〜10日程で取り付けもできます。如何に商業ビジネスの業種が、サイクルの早い仕事をするか、これで分かるでしょう。看板制作には、自分で書いた下原稿や、イメージ案を出しましょう。そうすることで、担当者へ色やデザインを伝達できます。最近のデザイン技術は、どの器械でも、差異がなく制作することが出来ます。イラストや文字種の、デザインは下原稿のまま渡すのが、一番良いのです。

制作費用は全体としてコスト高

現在ではお店や商業施設の看板は、本部一括の場合になるのです。本社があって支店が、十支店あるところなら、全部同じにしなければなりません。本部がある事業者だと、看板制作も本部が一括しておこないます。制作会社は本部とのやりとりで、具体化したら、CD−ROMをつかって納品します。たまに些少の手直しや、修正の場合には、メールでの添付ファイルなどになります。最初の納品で上手く、できなかった所への要望などを聞いて、本台の制作を始めます。制作費用は全体として、支出の割合が大きく、費用が膨大なため確認作業が重要でしょう。何十万円〜何百万円になるため、制作側と双方とのやりとりが大切なのです。実際に値段だけでなく、長年に渡る耐用年数がいるため、真剣に取り組みましょう。